スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願い
最近、ホームページがウイルスによって改ざん、
およびウイルスがページに埋め込まれる事件が報道されています
いつ当ブログが改ざんされるかわからないため
訪問者の方々には自分でアンチウイルスソフトの導入などで対策をお願いするとともに
万一当ブログがウイルス感染しているとわかった場合は
コメントを残していただけると助かります




このブログでは僕が
おもしろいと思った論文

代表的な化学者

など特に有機化学に関することを書いていくブログです

この人のことも書いて~、この論文よかったなど要望、感想も受付中です

敬称略で、上から目線なわがままブログ

このブログは専門のライターで無いような個人が運営しているブログであり
稚拙な表現などあるかもしれませんが、
いずれの記事も「ほめている」つもりです
そのような視点で温かい目で見てください

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

不祥事ではなく事件

久しぶりの更新です

さて今回の更新は
生徒に希釈塩酸飲ませる=実験ミスで罰、健康被害なし
というニュースに関してです

教師の不祥事とカテゴライズされていますがこれは「事件」です

そもそもたとえ健康食品としてうられているようなアミノ酸やグルコースであっても
試薬はすべて試験用で飲食禁止

さらに今回は実験をミスした罰として「強要」してるのだから
「理科」を教える資格はありません

教師以前に科学者としての最低限の常識ぐらい身につけておいてほしいです

インパクトファクター2011

久しぶりの更新です(やめてませんよ~)

最近発表されたインパクトファクターのまとめです。
参考のために、昨年のデータも載せています。
世界で出されている論文数が増えているので
全体的にインパクトファクターは上がる傾向にありますが
論文雑誌の順番(高い物は高く低い物は低い)はあまり変わりありません。

いつも書くことですがあくまでもインパクトファクターは
その雑誌に掲載された論文の「平均の被引用回数」
にすぎません(それでも雑誌の格をはかる指標としてわかりやすく便利です)。


最近出版されたNature Chem.
そして今年追加したChem Sci.は高い数字が出ています。
期待の新人?ですね。

一方でBull. Chem. Soc. Jpn.が下がっているのは日本人として残念です。
(Chem. Lett.は上がりましたがそれでもまだまだ。。。)


(アルファベット順、2010→2011)
Adv. Synth. Catal. 5.250→6.048
Angew. Chem. Int. Ed. 12.730→13.455
Bioorg. Med. Chem. 2.978→2.921
Bioorg. Med. Chem. Lett. 2.661→2.554
Bull. Chem. Soc. Jpn. 1.57→1.436
ChemCatChem 3.345→
Chem. Commun. 5.79→6.169
Chem. Rev. 33.033→40.197
Chem Soc. Rev. 26.58→26.583
Chem. Asian J. 4.188→4.5
Chem. Eur. J. 5.476→5.925
Chem. Lett. 1.4→1.587
Chem. Rec. 4.604→4.377
Eur. J. Org. Chem. 3.206→3.329
J. Am. Chem. Soc. 9.019→9.907
J. Fluoro. Chem. 1.719→2.033
J. Org. Chem. 4.002→4.450
J. Organomet. Chem. 2.205→2.384
Nature 36.101→36.280
Nature Chem. 17.927→20.524
Org. Biomol. Chem. 3.451→3.696
Org. Lett. 5.250→5.862
Organometallics 3.888→3.963
Science 31.364→31.201
Synlett 2.447→2.71
Synthesis 2.260→2.466
Tetrahedron 3.011→3.025
Tetrahedron: Asymmetry 2.484→2.652
Tetrahedron Lett. 2.618→2.683


新規追加
Chem. Sci. 7.525

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

2011年も今日で終わり

あと数時間で今年も終わりです

この一年どうでしたか?

忙しさにかまけて?後半はあまり更新できませんでした

さて、
今年をまとめて雑感を

取り上げなかったニュースとしては「リピトール」の特許切れがあります
リピトールは世界で最も売れている(ファイザーの)低分子薬です
ただし、この薬はファイザー自身が見出した薬ではなく買収した薬です

世界最大規模の研究投資をしているファイザーであっても
振薬の創出が難しいのが現状です

今後の創薬は
東京大学、金井求教授が次のような考え方を示しています

(JSTより引用、http://www.jst.go.jp/report/2011/110803_2.html)

ペニシリンの発見に始まる「低分子の薬によって生命が守られる時代の到来」が第1のパラダイム。
第2のパラダイムは、抗体やタンパク製剤という体の中にあるものを使う治療法。
第3のパラダイムとされるのが、山中伸弥・京都大学教授によって切り開かれたiPS(人工多能性)細胞などによる細胞のメカニズムを利用して治療する方法

第1のパラダイムでは、有機化学者が創薬に大きく貢献した。昨年、鈴木章、根岸英一両氏のノーベル化学賞受賞で広く知られたように、両氏の業績であるクロスカップリング反応は、薬の合成にも応用されている。
しかし、第2、第3のパラダイムでは有機化学者の出番はなかった。
----------------------------------------------引用ここまで

製薬企業を目指す学生の皆さんは多いと思います
身近にあるし、企業の名前もよく知られている
でも
有機化学者の活躍の場はそれだけではないことを覚えておいてほしいと思います
化学は表に出ていないものが多いですが
化学者が求められるフィールドは
広がり続けているのです

東ソー、山口南陽事業所で火災

久しぶりの更新です
(最近、特に忙しい)


さて、11/13、東ソー南陽事業所、塩ビモノマープラントで爆発事故が発生というニュースが飛び込んできました

事故の詳細についてはまだわかっていませんが

概要
事故同日朝に不具合が発生し、プラントを停止
修理をするための後処理中に爆発
翌日、爆発現場付近で一人が遺体で発見
現場写真
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn20111116007401.jpg

爆発していない残りの塩ビモノマープラントも停止中
同事業所は、日本有数の塩ビモノマープラントを有し、
(爆発したプラントも含めて)3つのプラントで、年間約120万トン(うち爆発したプラントが55万トン)の生産能力がある
(国内塩ビモノマーの生産能力約352万トン)
この事故によって事業所内の約8割のプラントが停止

東ソーでは早急の再建を予定している

東ソーHPにある製品フロー図
http://www.tosoh.co.jp/introduction/dt02_03.html
によれば、この事故によって影響が出るものとしては
エチレン(出光興産より購入)関連の製品
および、塩素が関連する塩関連の製品

(塩ビモノマー以外のプラントも含めて多くが停止しているため)
すでに周辺会社にまで影響は出始めているようです
ただし、120万トンのうち国内で消費されている量は50万トンほどで残りは関連企業へ輸出していたようです

東ソーでは事故による死者は初めてとのこと
なおこの事故によって、中間配当を無配、期末配当を未定に変更した

1点物のプラントを動かし続ける難しさを感じます
大事故にならないようにしてとった停止判断で、死者が出てしまうのはやりきれない思いでしょう

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。