スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インパクトファクター(有機化学)

インパクトファクター(IF)はジャーナルの影響度を示す指標の一つです
これをまとめているのはトムソン・ロイター社で、web of knowledgeの会社です
参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

IFは問題点もあってそのため、h指数など他にも評価方法があります
しかし、IFは変な統計的な処理などされていないため簡単で化学者にも非常にわかりやすいです


数字の高い論文雑誌ほど注目度が高く多くの人が読んでくれると考えればいいと思います

今回は有機化学の論文が掲載される代表的な雑誌のIFについて調べてみました
(基本的には、ジャーナルのHPで公開されている数字を採用しています)
毎年数字は変動するので一部古い情報が含まれている場合がありますが、
大体のジャーナルの格はわかると思います

(アルファベット順)
Adv. Synth. Catal. 5.187
Angew. Chem. Int. Ed. 11.829
Bioorg. Med. Chem. 2.822
Bioorg. Med. Chem. Lett. 2.650
Bull. Chem. Soc. Jpn. 1.7
Chem. Commun. 5.504
Chem. Rev. 35.957
Chem Soc. Rev. 20.086
Chem. Asian J. 4.373
Chem. Eur. J. 5.382
Chem. Lett. 1.4
Eur. J. Org. Chem. 3.096
J. Am. Chem. Soc. 8.580
J. Org. Chem. 4.219
J. Organomet. Chem. 2.347
Nature 34.480
Org. Biomol. Chem. 3.762
Org. Lett. 5.420
Organometallics 4.204
Science 29.747
Synlett 2.718
Synthesis 2.572
Tetrahedron 3.219
Tetrahedron: Asymmetry 2.625
Tetrahedron Lett. 2.660


追加したほうがいいジャーナル募集中
Chem. Rev. などのレビュー誌のジャーナルのIFが高いのは
IFが被引用回数をもとに計算されているためです

例えばAldolの論文を書く場合
論文の導入に最近のレビューを数個あげます
そして自分の触媒や基質など密接に関わる論文を個々にreferenceとしてあげます
このような場合Aldol反応の論文の多くにあるレビューが引用されます
そのため、レビュー誌のIFは相対的に高くなります


レビューは自分の研究(だけ)ではありません
そのため、著者の研究評価としてレビュー誌のIFを考慮することは適してはいません



この数字からscience(IF=29)に論文を載せるためにはJACS(IF=8)3報分ぐらいの成果がいるといわれたりもするわけです





おまけ
IFのように単純な式で有機化学者よく使う物としてはアトムエコノミーがあります
アトムエコノミーは(目的物の分子量/反応物の分子量)によってだすことができます
Trostによって提唱された反応の環境負荷をはかる指標です
彼の論文でよく出てくる言葉ですね
参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%BC
当然単純な式の指標には問題点があって触媒、溶媒、精製といった部分は考慮されていません
しかし、そういった問題点も知っていれば感覚的でわかやすい指標です
我々は統計学者ではないので、このような単純な指標は良いと思います
スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

一般に同格であると考えられているAngew(IF=11)とJACS(IF=8)ですが
これだけIFに違いが出るのはAngewにはレビューが掲載されているからだといえます
しかし、JACSにはarticleが掲載されます
articeもcommunicationに比べて引用されやすい形態です
結局のところ、AngewのIFが高いのは、JACSの方が遙かに多くの論文が掲載されているためだと思います
Angewは論文を絞り込むことでJACSよりも高いIFを得ているのだと思います
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。