スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目した論文(2週分)、その2

Development of Bifunctional Aza-Bis(oxazoline) Copper Catalysts for Enantioselective Henry Reaction
J. Org. Chem., 2010, 75,6424
bisoxazolineリガンドにひげが生えたリガンドを使います
もう一つ相互作用をプラスしたoxazolineリガンドは最近多いですね


Fluorine-Directed Glycosylation
Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49 Doi:10.1002anie.201004467
糖といえばアノマー効果ですが、
参照:http://angew.blog68.fc2.com/blog-entry-208.html
これは2'位のFと保護基のお話

Catalytic Enantioselective Alkylative Dearomatization-Annulation: Total Synthesis and Absolute Configuration Assignment of Hyperibone K
J. Am. Chem. Soc., 2010, 132,13642
これだけのcomplexityの高い分子を
シンコナアルカロイド触媒に使ったdearomatization-alkylation
retroaldol/vinyl metal addition
cation cyclization
とstarting materialからわずか3stepで鮮やかに構築しています
スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。