スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JACS、Issue 41より

オンライン公開は1ヶ月ほど前の全合成の論文×3です

Synthesis of the Lycopodium Alkaloid (+)-Lycoflexine
(J. Am. Chem. Soc., 2010, 132,14338)
Grubbs触媒のすごさがよくわかります
first synthesisでありながら8steps(one-pot反応は1反応とカウント)
13%yieldとうまく作っています



General Approach to Epipolythiodiketopiperazine Alkaloids: Total Synthesis of (+)-Chaetocins A and C and (+)-12,12′-Dideoxychetracin A
(J. Am. Chem. Soc., 2010, 132,14376)

http://angew.blog68.fc2.com/blog-entry-159.html
では袖岡らの論文を紹介しました
今回は本家?の論文です
特にSSSS結合を持つ(+)-12,12'dideoxychetracin Aあたりの合成は独壇場でしょうね
しかし、スキームが見にくいです
もう少し大きくしてほしいと思います




Synthesis of Streptolydigin, a Potent Bacterial RNA Polymerase Inhibitor
(J. Am. Chem. Soc., 2010, 132,14394)
最後、Horner-Wadsworth-Emmons反応で2つのフラグメントをつなげます
収束合成の美しい論文です
スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。