スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニオンの違いで生成物が変わる

Asymmetric Binary Acid Catalysis: A Regioselectivity Switch between
Enantioselective 1,2- and 1,4-Addition through Different Counteranions of InIII
(Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 6610–6614)


1711.jpg

InF3とInBr3
で生成物が変わるという論文

2つのスキームでリン酸が違いますが、全く同じリン酸でも生成物は異なります

理由については現在のところ不明です

ESIMS、非線形効果、Jobプロットを調べることでF,Brどちらも1:1の触媒という結果が得られています

自分は
会合状態(例2:2)
1:2のような1:1とは異なる構成比
のいずれかの違い状況がハロゲンの違いででき、
これにより生成物が異なってくると考えていました
しかし、現状この考えは否定されています


是非、この理由突き止めてほしいですね
スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。