スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東ソー、山口南陽事業所で火災

久しぶりの更新です
(最近、特に忙しい)


さて、11/13、東ソー南陽事業所、塩ビモノマープラントで爆発事故が発生というニュースが飛び込んできました

事故の詳細についてはまだわかっていませんが

概要
事故同日朝に不具合が発生し、プラントを停止
修理をするための後処理中に爆発
翌日、爆発現場付近で一人が遺体で発見
現場写真
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn20111116007401.jpg

爆発していない残りの塩ビモノマープラントも停止中
同事業所は、日本有数の塩ビモノマープラントを有し、
(爆発したプラントも含めて)3つのプラントで、年間約120万トン(うち爆発したプラントが55万トン)の生産能力がある
(国内塩ビモノマーの生産能力約352万トン)
この事故によって事業所内の約8割のプラントが停止

東ソーでは早急の再建を予定している

東ソーHPにある製品フロー図
http://www.tosoh.co.jp/introduction/dt02_03.html
によれば、この事故によって影響が出るものとしては
エチレン(出光興産より購入)関連の製品
および、塩素が関連する塩関連の製品

(塩ビモノマー以外のプラントも含めて多くが停止しているため)
すでに周辺会社にまで影響は出始めているようです
ただし、120万トンのうち国内で消費されている量は50万トンほどで残りは関連企業へ輸出していたようです

東ソーでは事故による死者は初めてとのこと
なおこの事故によって、中間配当を無配、期末配当を未定に変更した

1点物のプラントを動かし続ける難しさを感じます
大事故にならないようにしてとった停止判断で、死者が出てしまうのはやりきれない思いでしょう
スポンサーサイト

テーマ : 化学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。