スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年も今日で終わり

あと数時間で今年も終わりです

この一年どうでしたか?

忙しさにかまけて?後半はあまり更新できませんでした

さて、
今年をまとめて雑感を

取り上げなかったニュースとしては「リピトール」の特許切れがあります
リピトールは世界で最も売れている(ファイザーの)低分子薬です
ただし、この薬はファイザー自身が見出した薬ではなく買収した薬です

世界最大規模の研究投資をしているファイザーであっても
振薬の創出が難しいのが現状です

今後の創薬は
東京大学、金井求教授が次のような考え方を示しています

(JSTより引用、http://www.jst.go.jp/report/2011/110803_2.html)

ペニシリンの発見に始まる「低分子の薬によって生命が守られる時代の到来」が第1のパラダイム。
第2のパラダイムは、抗体やタンパク製剤という体の中にあるものを使う治療法。
第3のパラダイムとされるのが、山中伸弥・京都大学教授によって切り開かれたiPS(人工多能性)細胞などによる細胞のメカニズムを利用して治療する方法

第1のパラダイムでは、有機化学者が創薬に大きく貢献した。昨年、鈴木章、根岸英一両氏のノーベル化学賞受賞で広く知られたように、両氏の業績であるクロスカップリング反応は、薬の合成にも応用されている。
しかし、第2、第3のパラダイムでは有機化学者の出番はなかった。
----------------------------------------------引用ここまで

製薬企業を目指す学生の皆さんは多いと思います
身近にあるし、企業の名前もよく知られている
でも
有機化学者の活躍の場はそれだけではないことを覚えておいてほしいと思います
化学は表に出ていないものが多いですが
化学者が求められるフィールドは
広がり続けているのです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


SAVE JAPAN(東北地方太平洋沖地震義援金サイト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。